セフレとエッチする時はコンドーム必須!妊娠・性病を対策する方法

8b91b58867b056db935bd0a02f77405f70c0869e-8

セフレとは楽にセックスできる関係。一回のセックスのハードルが下がってしまうと責任感も薄くなっていってしまいます。そこでついつい怠ってしまうのが避妊です。セックスを楽しむための間柄こそ、セフレ相手の時はコンドームを着用することが大切になります。この記事ではセフレとのエッチでなぜ避妊が必要なのか、妊娠・性病のリスク管理などについて解説します。

なぜセフレ相手に避妊が必要なのか

あなたにパートナーがいる場合、ゴムを付けてほしいと言われたら付けますよね?セフレもそれと同じです。
セックスだけの快楽を求める関係であればあるほど責任感は薄くなってしまうもの。しかし、避妊をせずに何度もしていれば痛いしっぺ返しを食らう恐れがあります。

相手の女性があなたとのセックスで妊娠してしまった場合、女性側にとっては赤ちゃんの命がかかった一大事です。それまでは周囲にバレないように冷静に動いてくれていたセフレも、妊娠を境にあなたに逃げられまいと事を荒立てる可能性があります。
避妊を怠ることで、責任を取る必要が出てきたり、友人や彼女、家族にセフレの存在がバレてしまうリスクが一気に高まるのです。

あなたがセフレとのセックスで「人生を狂わせたくない」と思うのであれば、マナーとしてコンドームは必ず付けましょう。

1.妊娠のリスク

上記に上げたようにゴムなしでのセックスはもちろん妊娠のリスクが付きまといます。
恋人とのセックスで出来てしまった赤ちゃんであれば、できちゃった婚という形で責任を取る事が出来ますが、最初から本命ではないセフレに対してそのような責任の形はほとんど取ることが出来ないでしょう。

そうなれば、子供を堕ろす必要があります。女性側には肉体的にも精神的にも負担をかけ、男性側には中絶費用という多大な金銭的責任を取る必要が生まれます。
もちろんそんな大きなお金が動くとなれば、お互いパートナーにもその存在を知られるリスクがあり、全員を悲しませる結果につながります。

そうなってしまえばセフレ関係はもちろん、普通の生活も困難になってしまうかもしれません。
くれぐれもセフレとのセックスではコンドームを必ず付けるようにしましょう。

参考:セフレが妊娠してしまった場合の安全な対処法5選

2.性病のリスク

もう一つ気をつけなければいけないのが、見落としがちな性病のリスクです。
男性はゴムなしでセックスする=気持ちいいことという事に目が行き過ぎて、この部分を見落としがちですが、病気の種類によっては命にも関わる恐れがあります。

セフレとは復数の相手と同時期に肉体関係を持つのが普通なもの。あなたのセフレだって、言わないだけで何人もの男性と同時並行でセックスしている可能性はとても高いです。

AV女優でもない限り、一般的に自主的に性病予防や性病検査を行っている人は少ないです。セフレを作る人間は、その向こう側にいる相手もセフレを作っている可能性が高いです。
そうなると、知らず知らずのうちに誰かの病原菌を貰ってしまい、間接的に感染してしまうリスクが普通の人と比べてグッと高くなります。

一度性病にかかってしまうと、軽症のものでも完全に除去するのは難しくなります。そうなると本命のパートナーとのセックスにも支障が出て、セックス自体ができなくなってしまいます。
セフレとセックスする際は、性器周りを事前に清潔に保つようにするのはもちろん、性病予防のためにもコンドームを必ず付けましょう

参考:セフレから性病がうつってしまった場合の正しい対処法

お互いストレスなくセックスするために必要

いかがでしたか?セフレとのセックスには常にリスクがつきものです。ゴムなしでセックスするのは気持ちいいことかもしれませんが、プレイが終わった後にお互い妊娠や性病のリスクを考えるのはとってもストレスになります。

あなたとの間に望まれない子供を授かってしまった場合、周囲を不幸にしてしまう恐れがありますし、性病になってしまえばあなたがセックスできなくなってしまうリスクもあるのです。
お互い楽しく、ストレスフリーでセックスするためにも、セフレとする時には必ずコンドームを付けて安心安全なプレイを心がけましょう。

きちんと避妊が出来る人であれば、複数人のセフレを作るのは簡単です。その際は、出会い系アプリを使うのがおすすめです。
国内最大手の出会い系サイト『PCMAX』であれば、即日でも出会えるので、短期間でセフレと彼女探しが出来ます。
真剣寄りの出会いが欲しい場合はミントC!Jメール』か『YYCがオススメです。登録は無料なのでぜひ使ってみてください。ここで行動出来るあなたはきっと近いうちにセフレが出来ます!