セフレを作るための効果的なLINE・メールの工夫方法5選

jkdeai05

この子をセフレにしよう!とターゲットを決めた時、つい先走りすぎてラインやメールでがっついてしまうのが男の性。
しかし、ここは冷静になって戦略を考える必要があります。ここぞという時に必要な連絡をして、効果的な使い方を極めてLINEでセフレをバンバン作りましょう!

効果的なLINE・メールテクニック

1.絵文字や会話の長さを合わせる

セフレを作るのもまずは仲良くなることが大切です。
セフレに持ち込むにはまずは信頼関係を構築することが大切。相手からのLINEに丁寧に返してあげましょう。ここで言う丁寧というのはノリやテンションを合わせることです。

相手が絵文字とスタンプを使う場合は絵文字とスタンプを使い、長文で送ってくる子はこちらも長文で会話のテンポを真似て返信するようにしましょう。
これはミラーリングとも呼ばれるテクニックで、相手と同じことを返される事で親近感を感じさせるテクニックの一つです。

お互いが割り切り目的で出会い系アプリなどで声をかけている場合は、細かいやり取りを気にする必要はありません。

2.返事を催促しない

がっつきすぎないためにこれは常に心がけるようにしましょう。
恋人作りでもよく言われることですが、返事を返していないのに「返事まだ?」「おーい」などと追撃されていい気分になる人はまずいません

セフレ作りも恋人作りも距離を詰めるまでは同じです。相手の嫌がることをしない。これを心がけてやり取りをすることがセフレ作りの近道になります。

3.干渉しすぎない

セフレ作りは相手との距離感が大切です。
近すぎず遠すぎず、でも話しやすいというポジションをキープして、女性側から見ても「恋人としては微妙だけど、男としてはあり」と思われる存在にならなければなりません。

ですので、LINEで距離が近くなりすぎてしまうと、その後セックスに持ち込んだ後に付き合うかどうかの選択を迫られてしまう可能性があります。プライベートなことに踏み込みすぎず、連絡しすぎず、こちらが距離感を調整することで相手をコントロールしましょう。

4.返信ペースを変えない

「こいつはセフレ候補だから」という心持ちで対応しているとついLINEの返信ペースも気まぐれになってしまうことがあります。
しかしそれでは相手がこちらをセックス対象としてみてくれる可能性は少ないです。いつ返信が来るかわからない相手に声をかけたり誘いをかけたりしようとする気が起きなくなってしまうからです。

返信は必ず1日1回以上は返すなど、返信ペースを維持しておけば暇な週末に声がかかる可能性は高くなります。

5.下ネタを送りすぎない

まだセフレになっているわけでもない相手に先走りすぎてエッチな内容のLINEばかり送ってしまうと、仲のいい女の子でも冷めてしまいます。
セフレになってからでもそうですが、四六時中エッチなことばかり考えている男性が好きな女性は少ないです。

刺激を求めるためにエッチな話をするのは必要ですが、日中から濃ゆい話ばかりするのは控えておきましょう。

6.口説くときは電話で

「エッチしよう」「ムラムラしてきた」などを文章で送るのは正直キモいです。
一般的に告白はLINEやメールは良くないと言われていますが、セックスの誘いも同じです。

冗談交じりにホテルに誘って、相手もノリ気であれば電話口でズバッと誘ってみましょう。
複数回エッチしたことのある相手であれば、文字のやり取りだけでもOKです。

参考:スマホで効率的にセフレを作るテクニック

まとめ

いかがでしたか?セフレを作るためにはまず仲良くなる必要があります。
セックスは体を使ったコミュニケーション。会話や性格が全く合わなければ、あなたがセックスに自信があっても女性には避けられてしまうでしょう。

LINEでのやり取りも丁寧かつ、時には大胆に接して、効果的に使いこなしましょう。
セフレが出来たあなたはこちらの記事も読んで、セフレ関係を長続きさせる努力を継続しましょう。
参考:セフレ関係を長続きさせるために心がけることとは

出会い系アプリを使えば可愛いセフレ候補の女の子をLINEに誘導することが出来るのでがおすすめです。
登録していい女の子が見つかれば料金を支払わずに、LINEでやり取りしましょう。
国内最大手の出会い系サイト『PCMAX』であれば、即日でも出会えるので、短期間でセフレと彼女探しが出来ます。
真剣寄りの出会いが欲しい場合はミントC!Jメール』か『YYCがオススメです。登録は無料なのでぜひ使ってみてください。ここで行動出来るあなたはきっと近いうちにセフレが出来ます!