JK(女子校生)とセックスしたりセフレにするのは危険?法律講座・対処法まとめ

20150320154217

制服が似合う清楚で可愛いJK(女子校生)に興奮が止まらないあなた。
セックスしたい!と思うかもしれませんが、未成年のJKをセフレにしようとするのはとっても危険なんです。
JKのセフレを作る前に、絶対知っておくべき法律やその対処法を紹介します。

JKとセックスすると捕まるの?

法律に引っかかる可能性がある

JKをセフレにした場合、捕まってしまう恐れがあります。
具体的にどのような法律違反に該当するかというと、青少年保護育成条例に反してしまう可能性が高いです。
都道府県によって幾つか名称があり、青少年保護条例や、青少年健全育成条例と言うこともあります。

セフレにすると淫行の罪に問われる事も

青少年に対し、淫行又はわいせつ行為をした場合に、2年間の懲役に100万円の罰金、公訴時効は3年の罪の問われてしまう可能性があります。
児童福祉法も女子校生との性交を取り締まる法律で、児童に淫行をさせる行為を罰するものがあります。

セフレにすることはもちろん、社会人と女子校生の場合は交際関係にあってもセックスすることは法律で罰せられる恐れがあるため、性交渉するのは絶対にやめましょう。
参考:児童福祉法 – 厚生労働省

バレる事を考えるととてもリスキー

仮に女子校生とのセックスがバレて訴えられてしまった場合、あなたが学生である場合は、停学・退学のリスクが有り、社会人の場合はクビになってしまい、社会的信用を損なう恐れが大いにあります。
その後の人生を大きく狂わせてしまう可能性があるため、自分の将来を考えて行動しましょう。

条例や法律に違反しない方法

18歳以上はある程度自己責任

青少年保護育成条例にも児童福祉法にも違反しないようにするには、どのようにすれば良いのでしょうか?
女子校生である場合、年齢は15歳~18歳まで幅がありますが、18歳以上の女子校生であれば、性的関係を結ぶのはある程度自己責任になります。

また、18歳以下とセックスした場合でも100%罪になるわけではありません
では、どのようなパターンであれば女子校生とセックスしても法律違反にならないのか以下で説明していきます。

同じ年代同士であること

あなたがその女子校生と同級生である場合や18歳未満同士の場合は、罪に問われることはありません
もちろん無理やり襲ったりした場合は暴行罪など他の罪に問われる可能性はありますが、普通に恋愛感情を持った恋人同士のセックスであれば何の問題もないので大丈夫です。

保護者も本人も公認の仲である

自分が18歳以上で相手が18歳未満の女子校生の場合でも、相手の親が交際を認めているパターンなどは大丈夫になります。
セックスの時にお互い同意していたり、親からの交際の許可を得ている場合は、100%ではありませんが罪に問われる可能性は低いです。

訴えられなければ基本的に問題はないので、大事なのはその相手との信頼関係を大事にするようにすること。家族からの許可を得ている場合であっても、その女子校生から「無理やり襲われた」と訴えられてしまった場合は罪になる可能性が高いです。

成人と未成年同士の交際には常にリスクがつきものなので、それらを承知で交際するようにしましょう。

年齢の確認を忘れずにする

ネットで知り合った相手が未成年である場合も危険です。
「この子もしかしたら未成年かもしれない」と思ったら年齢確認を忘れずにしましょう。知らず知らずに未成年とエッチしてしまい、淫行の罪に問われてしまうのは恐ろしいですからね。

JKをセフレにしてはいけない

JKをセフレにするということは、性的欲求を満たすためだけに作ろうとしている事になります。
その意思があった場合、「淫行の罪」で訴えられてしまう可能性は極めて高くなります。恋愛感情なしで、性交渉のみを目的とした女子校生のセフレを作ることは辞めておきましょう

どうしても若い女の子とセックスがしたくなったら10代の子が多い出会い系アプリなどで、セフレを探しましょう。管理人がおすすめする出会い系であれば、未成年が登録することは不可能なので、どの子を選んでも罪に問われることはありません。ですので、安心してセフレ選びができます。

10代のセフレが欲しい場合は管理人もオススメのミントC!Jメールが特に良いです。若者たちに人気なサービスなので、普通に可愛い女子大生がゴロゴロいますw
エッチだけが目的であれば国内最大手の出会い系サイト『PCMAX』が良いですね。全国どの場所でも女の子が登録しているので、即日でも相手に会えるメリットがあります。