セフレを本気にさせずに上手にキープする方法6つ

jk_shitagi_00158

初めてセフレが出来たあなた。セックスだけの大人の関係というのは感情に流されねいようにうまく自分をコントロールすることが大切です。つい、相手と居る時間が長くなりすぎて、セックスも相性が良くて…そうなってしまうと次第に「好き」という恋愛感情が湧いてしまいます。しかし、二人三人とセフレを作ろうと考えている男性は情に流されていはいけません。自分の行動で相手の好感度をコントロールして、セフレ関係を上手くキープし続けましょう。

1.頻繁に会いすぎない

セフレが出来てしまうとついつい同じ相手と遊びがちです。
新しい相手を探すことを怠り、同じ相手と何度もセックスするのは簡単です。しかし、人間は男女に限らず会う回数、一緒に過ごす時間が多くなってしまうと、相手のことが気になってしまう生き物なのです。

頭ではセフレと割り切っていても、最初はセックスするだけのつもりが、合う回数を重ねるごとに気持ちが変化してしまうのはよくあることです。
「この相手はセフレにしよう」と考えている場合は、最初から多くても月に2回、出来れば月に1回ぐらいの会う頻度に調整して別の相手探しに気を配るように心がけましょう。
参考:セフレが切れない男性が持っている4つの特徴

2.プライベートの事を話さない

自分の私生活や仕事の話、学校の話などプライベートの話をすることは「相手に自分を理解して欲しい」という承認欲求の現れです。普通の友達、恋人関係であれば必要なコミュニケーションですが、セフレ相手には不要です。

自分のことをお互い理解してほしいという気持ちが高まるほど、情が移ってしまいます。セックスの中での態度やプレイの変化などが見られるたびに「プライベートで何かあったのかな?」という余計な気持ちが入ってしまい、セックス以外の事に意識が移ります。

仕事の悩みや辛いことを打ち明けてしまうと、相手も「頼りにしてくれている」「弱いところを見せて信頼されてる」と思うようになってしまい、保護欲や母性本能が湧いてしまい、恋愛感情に繋がってしまいます。
真剣な付き合いを考えていないのであれば、会話も無難な話のみしましょう。好みのプレイや、性癖トークなどで場を繋ぐのも大人のテクニックです。

3.セックス以外に時間を使わない

世間一般的にはセックスだけを求める男は「最低」だと言われてしまいますが、セフレ関係ではそれがベストな付き合い方になります。

恋人にしたい!という願望があれば買い物やデートやドライブなどセックス以外の時間をかけて、お互いのことを知り恋愛関係に発展します。しかしセフレは別です。体の相性の良し悪しや、お互いの都合の良さで引き寄せられた関係です。その関係を維持するのであればセックスの時間にのみに専念して、デートなどはしないようにするほうが最適です。

女性がデートの提案など、セックス以外の時間を求めてきたらそれはあなたに惹かれている証拠です。真剣に付き合うつもりがなければ「仕事が忙しい」と言ってバッサリ切り捨てましょう。それで別れてしまうのであれば、どちらにしろセフレで続く相手ではなかったという証拠です。

4.「好き」という言葉で繋ぎ止めない

これをしてしまう男性は要注意。言葉でつなぎとめようとしているのであれば絶対にやめましょう。
女性はあなたと過ごしている時間が長いと、性格を気に入ってしまった場合「付き合うか付き合わないか」という二択を迫ってくることがあります。

その時点で肉体関係のみのセフレから、”恋愛関係”という状態に変わっていることに気づかず「ここで断ったらセフレを失うし…」という理由で「俺も好きだよ」と名言して交際をスタートしてしまうのは危険です。あなたは真剣ではなく別のセフレを探すつもり満々かもしれませんが、女性はあなたの事を「彼氏」と認識しています。

この状態でなあなあの関係や、別の女性に手を出していることがバレてしまうと「浮気」となり、最悪の場合デート商法などで法律違反してしまう可能性があります。発言一つ一つに責任を持って対応しましょう。

5.最低限の連絡のみ取る

セフレ相手に連絡を取りすぎてしまうと、プライベートを話すのと同じように、お互い相手のことを知りすぎてしまうようになります。
セフレはあくまでもセフレ。終始一貫して返信ペースなどは最低限にするように心がけましょう。

しかし、普段は音信不通のくせに、セックスしたいときだけ「今週末会わない?」と都合の良すぎるメッセージを送られてしまうのも女性は嫌います。LINEやメールの返信ペースは1日に1~2回程度に押さえておくのがベストだと思います。必要以上にマメな対応をしていると気がつけばこちらが精神的に依存してしまう関係になってしまいます。

セフレ関係をキープしたいのであれば、返信をすぐにしたくても、心を鬼にしてあえてドライに対応しましょう。

6.「また会おう」と言わないこと

ついつい次回のセックスを取り付けたくて「また会おう」「また会いたい」と口にしてしまう男性は多いです。女性は、求められたり大切にされていると感じると情が湧く生き物です。

あなたがセックスだけの目的で約束を取り付けているつもりでも、次も会いたいという意思をハッキリ言いすぎてしまうとセフレ関係に物足りなさを感じてしまうようになります。あくまでもセフレ関係。精神的な満足を与えることは出来ないので、約束はしっかり取り付けません。

理想的なのは、プライベートの予定は共有せずに、空いた週末に声をかけてOKをし合うような関係です。

まとめ

いかがでしたか?上記のことを踏まえて考えると、キープ出来るような関係を長続きさせる場合は相手選びも重要になります。
しかし、こちらの態度で相手を本気にさせないようにドライな対応を心がければ、関係性が崩れることはありません。

一定の距離感を保ちながら、相手にもセフレであることを暗に理解させ、複数人のセフレをキープするようにしましょう。あなたが5人以上のセフレが出来ている頃には、キープをするための方法を無意識にできるようになっているはずです。
「他にも相手はいるし」と割り切って考えられるようになれば、余計なことを考える必要も無くなります。
参考:セフレ関係を長続きさせるために心がけることとは

セフレ目当てで女探しをする場合は、出会い系アプリがおすすめです。
国内最大手の出会い系サイト『PCMAX』であれば、最初からセフレ希望の可愛い女の子が沢山いますw
真剣寄りの出会いが欲しい場合はミントC!Jメール』『YYCがオススメです。登録は無料なのでぜひ使ってみてください。ここで行動出来るあなたはきっと近いうちにセフレが出来ます!