浮気とセフレの違いについて

211fb616

浮気とセフレって何が違うの?同じじゃないの?と思う人は多いかもしれません。
しかし、この2つには明確な違いがあり、求めているものも変わってきます。今回は、浮気とセフレの定義や、その違いについて解説していきます。

浮気の定義とは

浮気の定義は「好きな人本命が居るけど、別の相手が好きになった状態」を指しています。
本命の彼女がいるのに、彼氏が別の女の子を好きになってしまった場合や、結婚して妻がいるのに、旦那が別の女性に好意を持ってしまった状態などが当てはまります

ここで重要なのは、好きになったかどうかであり、キスやセックスしたかどうかという点は関係ありません。本命以外の異性に対して好意を抱いた時点で浮気になります。ですので「他の人が好きになったんだけど」という風に別れを告げられた場合はある意味「浮気した」ということになるかもしれませんね。

世間一般では、セックスまでしてバレてしまったら「浮気だ」と言われるので、ここがセフレと混同されてしまう原因です。

セフレの定義とは

セフレの定義は「付き合ってない、恋人未満の関係でセックスした相手」を指しています。
セフレは略語で、正しい言葉に直すと「セックスフレンド」になります。「エッチ友達」とも言われています。その言葉通り、セックスすることが一番の目的の関係で、愛情などは基本的に求めていないパターンが多いです。

本命相手との体の相性が悪い場合、別のセックスパートナーを探す場合があります。それは決して浮気ではなく、「気持ちのいいセックスはしたいけど、今の恋人では満足できない」と思った時に性欲だけを満たしたい時にセフレを欲するのです。

性欲があまりない人からは共感されないですが、セフレは素人の風俗のようなポジションです。お金はかからないけど、セックス欲を満たすためにセフレを作る男性は実際に多いです。この場合は、本命の相手が積極的にセックスに誘ってくれるようになれば、自然に手放すパターンが多いです。

参考:どこからが”セフレ”になる?セフレの定義について

浮気とセフレの決定的な違いとは

浮気とセフレの大きな違いは「好きになっているかどうか」です。
浮気状態はその相手と恋愛をしている状態なわけで、簡単に手放そうとはしません。セックス無しでも傍にいたいという気持ちがあれば、浮気とい言えるでしょう。

逆にセフレの場合は、愛情は無し、もしくは薄いです。他に可愛くて体の相性のいい相手が入ればすぐに手放します。もしくは本命がいる場合、その相手から積極的にエッチに誘ってくれる場合は、セフレを作ることはなくなります。

この記事を読んでいるあなたが、恋人の浮気、セフレで悩んでいる場合や悲しむ前にその相手がどのような相手なのかしっかり見極めましょう。
恋人がその相手のどこを気に入って付き合っているのか聞き出して、体の相性だけが不満であればあなたにも責任があるかもしれません。パートナーとして、お互いが遠慮しない関係を築いていきましょう。

参考:セフレを本気で好きになってしまった時の対処法