人妻をセフレにする場合に気をつけること|不倫・浮気危険対策

4076279d

人妻をセフレにする場合常に考えなければならないのが浮気がバレてしまうリスクです。恋愛感情がなければ浮気や不倫とは言い難いのですが、離婚の理由になるのは勿論、人妻と知っていながらセックスをするのはとても危険です。今回は人妻をセフレにした場合に、人妻とのセックスがバレないようにする方法、連絡を取る上で気をつける対策を紹介します。

不倫や浮気関係のセフレを作るリスク

相手が婚約して旦那がいる人妻をセフレにしてしまうと不倫関係の事実が作られてしまいます。
あなたがそれを知っておきながら、旦那に関係がバレてしまうと離婚の原因になったり、慰謝料を請求されてしまう可能性があります。勿論人妻側が一番非難されるべきですが、それでも人妻の誘惑に勝てずに「セフレにしよう!」と思う場合は、細心の注意を払う必要があります。

お互いフリーの場合であれば多少人目についても、彼女や交際相手だと言い張れば問題ありませんが、お互いに結婚していたり不倫の場合は、普段生活している範囲で見つかってしまうことは絶対に避けなければなりません
もちろん人妻もそれは避けると思いますが、あなたもリスクに巻き込まれてしまうおそれがある以上、バレる原因は一つでも潰すように結託して隠すように努力しましょう。

不倫や浮気バレないようにする対策

1.スマホに連絡先を登録しない

スマホに連絡を登録してしまうのは決定的な証拠を残すということです。
自主的に登録しなければ絶対に残らない情報がスマホに残されていると、言い逃れをすることは出来ません。また、いつでも電話できる関係になってしまうと、パートナーにバレてしまうリスクもぐっと跳ね上がります。

スマホに電話番号やメールアドレスを登録するかでリスクは大きく左右されます。少しでも誰かにスマホを触られてしまう可能性や、お互いが電話やメールをする可能性が少しでもあるのであれば連絡先は交換しないルールを徹底しましょう。

2.LINE以外のアプリで連絡する

芸能人の浮気や不倫がバレてしまうのもLINEが大きな影響を及ぼしています。
他にも事件があったり、警察から事情聴取される時は真っ先にLINEを確認されたり、LINE本社に残ったやり取りのデータを押収されて証拠として抑えられることもあります。

一般の浮気調査でそこまでするケースは少ないと思いますが、真っ先に疑われるのもLINEです。しかし、それ以外のメッセンジャーアプリや出会い系アプリはほとんど調べられません。
また、危ないと思ったらアプリ自体消してしまえば、バレる可能性も殆ど無いでしょう。

LINEでやり取りしていた場合はプライベートの連絡先もたくさんあるので、迂闊に消すことも出来ません。やり取りがとても便利なLINEでも人妻とのやり取りに使うのは辞めましょう

3.履歴などはこまめに消す

どうしても連絡を取る時に電話をしなければいけなかったり、何かしらの証拠がスマホに残ってしまう時があります。
そんな時は1日1回、もしくは履歴が残った瞬間にすぐ消すような癖をつけるようにしましょう。これをするだけで誰かにスマホを触られてもバレてしまうリスクを抑えられます。

参考:彼女や嫁にセフレの存在がバレないようにする対策10選

バレないように楽しいセックスライフを

人妻をセフレにするのは基本的に自己責任です。お互い隠す努力をしてルールを守れば、背徳感を味わいながら楽しいセックスが出来ることはありません。
特に30代以降の女性は、性欲もあり、セックスのテクニックも兼ね備えているので、濃厚な背徳セックスを楽しむことが出来ます。
旦那さんやパートナーにバレないように楽しいセックスライフを送りましょう。
参考:人妻をセフレにする方法

セフレになる人妻を探す場合は、出会い系アプリがおすすめです。
国内最大手の出会い系サイト『PCMAX』であれば、即日でも出会えるので、短期間でセフレ探しが出来ます。
登録は無料なのでぜひ使ってみてください。ここで行動出来るあなたはきっと近いうちにセフレが出来ます!

参考:セフレ願望のある人妻の探し方