セフレとのセックスから体の相性などを学ぶ方法

14_15_re

セックスを楽しむだけの関係というのは恋人と違って性にオープンに出来る仲。彼氏や彼女に相談できない性の悩みを打ち明けるだけでなく、体を使ったコミュニケーションの楽しさを学ぶことが出来ます。セフレと性のコミュニケーションを通じて色々学んでみましょう。

セックスの楽しさを知る

まだセフレを作ったことがない人は、先入観で「なんとなく不潔」「いい関係じゃなさそう」という道徳的な部分の背徳感が邪魔している人が多いと思います。
しかし、性の悩みを抱えている人や性欲の強い人にとってはとても大切な存在です。

セックスというのは本来とても気持ちのいい事であり、生殖活動だけで留めておくにはとても勿体無いものです。避妊さえすれば子供が出来る事はまずありませんし、恋愛感情を抜きにすれば一つのエンターテインメントです。

単純に性欲解消目的や、セックスを楽しむという観点ではセフレは一番適任です。人目や先入観を抜きにしてあなたはセックス対してどう思ってるのか考えましょう。一度きりの人生ですから、我慢や意固地になってセックスを楽しめないのはとても悲しいことです。
自分に素直になって、何が一番なのかを見つめ直してみましょう。

参考:浮気とセフレの違いについて

体を使ったコミュニケーション

セックスの最中は基本的に無言でしている人が多いと思いますが、一番気を使わなければいけない場面でもあります。
直接肌と肌を重ね合わせるゼロ距離のコミュニケーションなので、相手の一挙手一投足がとても気になります。そのため、どこが気持ちいいのか、どこが感じるのかを探りながら集中してセックスすることになります。

恋人同士であれば、セックスすること自体に満足してしまって、最中の細かい気配りが疎かになってしまったり、自分の性感帯や好きなプレイなどを言い表せずに淡々としたセックスをして終える事が多々あります。
しかしセフレはその逆です。ゴールに「気持ちのいいセックスがしたい」というモノが明確にあるため、相手をいかに気持ちよくさせることが出来るのか反応を見て探る必要があります。

恋人同士であれば相手に悪いことは言えないので何をしても肯定意見しか帰ってきません。しかしそれではテクニックを磨くことが出来ずに、何も学ぶことが出来ません。
セフレというのは異性を知るための一番の参考書と言えます。

参考:セフレ関係を長続きさせるセックスのテクニック5ポイント

終わった後は評価をしあう

セフレは恋人と違って、相手に変な気を使う必要はありません。「こうした方がいい」「気持ちよくない」などストレートに言ってしまうと相手を傷つけてしまうためどうしても言い出せない人が多いです。

セックスするための仲なので、終わった後はズバズバ相手に意見してもいいのです。率直な感想を評価してあげて、直そうとする意志があれば次回もセックスすればいいですし、改善するつもりがなさそうなら別の相手を探せば良いのです。

気持ちよくなければいつでも切れる、恋人と違って割り切った関係なのです。 
参考:セフレと後腐れなくきれいサッパリ別れる方法3選

まとめ

いかがでしたか?セックスやセフレを通じて学べることはたくさんあります。普段の日常生活では交流することの出来ない人妻やギャルたちとセックスすることが出来るので、タイプ別の攻め方も知れます。
セックスの気持ちよさに素直になることで、自分の新しい世界を広げるきっかけにもなります。あなたもセフレ相手を探してみてこの世界に飛び込んでみましょう!

セフレにも彼女にもなり得る可愛い女の子たちを探す場合は、出会い系アプリがおすすめです。
国内最大手の出会い系サイト『PCMAX』であれば、即日でも出会えるので、短期間でセフレと彼女探しが出来ます。
真剣寄りの出会いが欲しい場合はミントC!Jメール』か『YYCがオススメです。登録は無料なのでぜひ使ってみてください。ここで行動出来るあなたはきっと近いうちにセフレが出来ます!

参考:セフレを作るために出会い系をフル活用する方法