安定感バツグン!長続きするセフレの特徴と共通点は?

201605310138329c6

セフレは一人で満足、または数人で十分という人は新たにセフレを探すのは面倒くさいですよね?事前に長続きするのがわかっているセフレを選択できるのであれば、そちらの方がオススメです。
今回は長続きする安定感のあるセフレを見極める方法や、その特徴を紹介します。

セフレ関係を長続きさせるメリット

セフレ期間が長くなれば自然と相手への信用が築き上げられるようになっていきます。会話やセックスの回数も増えるため、お互いの好みや、気持ちの良いポイントもしっかり押さえてくれます。

安定した関係を気づくことで、刺激は少ないかもしれませんが、毎回のセックスで一定以上の気持ちよさが保証されているのはとても魅力です。
長く続くということは、お互いの性癖にも理解がある、体の相性がいいということなので、恋人とは出来ないようなちょっと変わったプレイも付き合ってくれるパターンが多いです。

取っ替え引っ替えするのも楽しいかもしれませんが、1人は信用できる長い付き合いのセフレが一人いれば安心感や安定感はかなり違ってきます。

長続きするセフレの特徴

1.お互いのプライベートを尊重する

セフレは周りにはバレてはいけない大人な関係。相手に家族や恋人がいる可能性もありますし、学校や職場にバレてしまえば社会的にマズい立場に追いやられる可能性があります。
長続きするセフレはその部分を察して、必要以上に干渉してくることはありません

お互い気が向いたときに呼びつけて、セックスの時間を楽しむのが大事。プライベートで起きた事件や、仕事の愚痴などを聞く必要はありません。
自分の話をすればするほど相手に情が移ってしまい、セフレ関係が破綻することが多いです。
お互いが気を使って相手に深入りしなければ常に一定の距離感を保つことが出来るでしょう。

参考:彼女がいるのにセフレを作るのはアリ?バレないようにセフレを作る方法

2.常に一定の間隔で会っている

必ず月に1回は会う関係が半年、一年と続いていれば長続きする可能性がとても高いです。
セフレと言っても会えなければ何の意味もないので、約束をしなくても自然と一定の間隔で会っていれば、無意識にセフレとのエッチをする日を空けるようになります。

会う回数は空き過ぎず、詰めすぎず、お互いに気を使わない頻度で会っていれば、自然とライフスタイルの中にセフレと会う日は作られるようになります。

3.お互い身の回りの変化がない

仕事の転勤や恋愛関係のゴタゴタなど…プライベートでの変化でセフレ関係に影響が出るような間柄では長続きはしません。
お互いにずっとプライベートで大きな変化がなく、別れなければならない事件も起きなければ、自然と居心地のいい間柄になるので長続きします。

恋人のように会う頻度が極端に多くなったり、かと思えば急に連絡が来なくなったり、やり取り一つでも波が多ければどちらかが疲れて別れる原因になってしまいます。
お互いどんなタイミングでも一定の温度感や感情で接していれば、仲違いなどが原因で別れることはないでしょう。

4.気は許せるけど興味はない

「一緒の空間に居ても気楽な相手だけど、プライベートのことには興味がない」という間柄はセフレ関係が長続きします。
一度セックスして距離を詰めてしまうと、情が移って恋愛感情が湧いてくる人が多いです。何度セックスしてもプライベートの話を聞き出そうとしなかったり、必要以上に干渉してこなければ常に一定の距離感を保つことが出来ます。

こういったタイプは「セックスと恋愛は別」と割り切っているので、セフレとしても最適な人物です。
セックスは気持ちいけど、人間性に興味がわかない相手を選べば意外と長続きするかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?セフレ関係が続くタイプの共通点としては「必要以上に干渉しないけど、一定の距離感を保つ」という点が挙げられます。
相手の事を尊重しながら、距離を詰めないことで恋愛関係にも発展することはありません。常にセフレとしてのポジションをキープするには、ドライさも必要なわけですね。
どうしてもセフレがすぐ離れていってしまう人は以下の記事を参考にして下さい。

参考:セフレ関係を長続きさせるために心がけることとは

長続きするセフレを探す場合は、最初から割り切りタイプが多い出会い系アプリがおすすめです。
国内最大手の出会い系サイト『PCMAX』であれば、即日でも出会えるので、短期間でセフレが出来ます。
真剣寄りの出会いが欲しい場合はミントC!Jメール』か『YYCがオススメです。登録は無料なのでぜひ使ってみてください。ここで行動出来るあなたはきっと近いうちにセフレが出来ます!