女がセフレの男に冷める瞬間6パターン

Image of weary young lovers posing lying on silk sheets

セックスをする回数が多くなってしまうほど扱いが適当になってしまうセフレ。気を抜いて適当な扱いをしてしまえば女性の方からセフレ関係を切るられる恐れがあります。自分の普段の行動を省みて、女性に冷められてしまうような行動をしていないか振り返りましょう。

セフレが冷めてしまう瞬間

1.同じ休みの時のみ連絡してくる

毎週土曜日にしか連絡を入れない場合、女性は「自分が本命なのでは?」「デート感覚なのでは?」と疑ってしまう可能性があります。
また、週イチでしか連絡を入れない場合にも、「都合のいい存在にされてる」と思ってしまい冷められる恐れがあります。

毎週同じ日に合う場合は、仕事の都合でその日しか会えない旨を伝えて、日頃から定期的な連絡は取るようにしておきましょう。
セフレといってもある程度のコミュニケーションは必要になります。

2.セックスの後にすぐ帰る

用事が済んだら帰るように、2時間の休憩の後にセックスが終わったらすぐ帰る男は冷められてしまう可能性があります。
女性は性欲を満たすと同時にムードも味わいたいと考えている子が多いので、エッチの後の余韻を味わう前にそそくさと変えられてしまうのは興ざめです。

セフレ関係なので終わった後もずっとイチャイチャする必要はありませんが、最低でも30分ぐらいはピロートークやスキンシップをしながらゆっくりする時間を確保しましょう。
セックスの後のアフターケアも含め、女性は自分を丁寧に扱ってくれているか観察しています。

3.香水の匂いを嫌がる

浮気がバレるのが嫌で「香水をつけてこないで」と言ってくる男を女性は嫌がります。
既婚男性からしたら死活問題かもしれませんが、セフレからしたらお構いなし。むしろ「バレるのが怖いならセフレを作るな」と思われてしまいます。

女性もファッション感覚で好きな香水をつけて男性に会いたいと考えています。
「香水の匂いなんて気にしないよ」と言ってのけるぐらいの度量を持っている男性に惹かれるものです。

4.自分本位のセックスをする

本命の彼女やパートナーとのセックスの不満をすべてぶつけるように、セフレに対して自分本位なセックスをしてしまうと冷められてしまいます。
前戯もなしに、濡れていないのに無理やり挿入してきたり…強引なプレイの一環であれば燃えるかもしれませんが、男性が気持ちよくなりたいだけで挿入しているとわかれば興ざめです。

セフレはあなたの性処理道具ではありません。セフレ関係であっても、きちんと女性として丁寧な対応やマナーを守ってセックスをしてあげることが関係を長続きさせる事に繋がります。

5.お礼のLINEがない

セフレに対してセックス以外に興味が無い場合ついつい忘れがちな部分です。
ホテルから別れたら何の音沙汰もなし。次に連絡が来るのはセックスするために会う約束をするだけ…というのはいくらセフレ関係でも物寂しいものです。

解散したらその後に「今日はありがとう」の一言だけでもこちらからメッセージしましょう。
人としての最低限なマナーとして、お礼の一言ぐらいは送ってあげるのが義理というものです。

6.女性への扱いが雑になってきた時

これはセフレとの付き合いが長くなってきた時についついしがちな部分です。
最初は切られないように努力したり、丁寧なセックスを心がけていたもののマンネリ化して女性への対応も疎かになってしまう時期があります。

そうなってしまうと、最初の頃とのギャップを感じて女性に冷められる可能性があります。
最初の頃を思い出して丁寧な対応を心がけたり、刺激的なプレイに挑戦してみてお互い楽しいセックスをして熱を取り戻しましょう。

まとめ

いかがでしたか?本命ではないからこそ人としてのマナーが問われる場面が多いのがセフレとの付き合い。
普段から女性に対してやっている行動を振り返ってみて当てはまっていないか確認してください。あなたの態度が昔のように丁寧で紳士的なものになれば、女性もキュンとして一層セックスが盛り上がること間違いなしです!

セフレ相手であってもムードや関係性を大事にすることを心がけてみましょう。
関係を少しでも長続きさせたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考:セフレを本気にさせずに上手にキープする方法

本気で可愛いセフレを探す場合は、出会い系アプリがおすすめです。
国内最大手の出会い系サイト『PCMAX』であれば、即日でも出会えるので、短期間でセフレと彼女探しが出来ます。
真剣寄りの出会いが欲しい場合はミントC!Jメール』か『YYCがオススメです。登録は無料なのでぜひ使ってみてください。ここで行動出来るあなたはきっと近いうちにセフレが出来ます!