セフレを作るのは普通のことなの?今の時代の恋愛について

211fb616

あなたの周りでセフレを作っている人や、あなた自身がセフレを作ることが普通なのか、世間一般の常識や意見を参考に、今の時代の恋愛観やセフレに対しての見方をまとめてみました。

セフレを作るのは普通なことなのか

セフレとは恋愛感情を抜きにした、体目的の関係のことです。世間一般の常識ではセフレ=汚らわしい、貞操観念が低いというイメージが強く、身の回りに人にセフレという言葉や存在の印象を聞いてみてもあまりいい顔はしないでしょう。基本的には否定的な意見が多くなります。

真正面から「セフレを作ることは普通なのか」と問われればその人の道徳心や貞操観念によって意見はバラバラです。しかし、元々セフレの言葉の定義は「性欲解消のためだけの存在」というお互いが同意の上で成り立っている、情のない肉体関係です。
参考:どこからが”セフレ”になる?セフレの定義について

この定義の認識のズレが人によって意見が別れる原因になるのです。
肉体関係を持ってしまうこと自体をNGとするのは、恋人間のルールだけであり、夫婦などで無ければ法律で裁かれることもありません。お互いが同意の上に成り立っていればそれは個人の自由意志であり、他の人が決められることではありません。

あなたも、こんな会話したことはありませんか?

今度習い事始めようと思うんだよね

えーやめておきなよ。すぐやめるでしょ

大丈夫大丈夫。俺のお金と時間を使ってやるから自由でしょ

そうだね。それなら自由にしていいよ

と、このように習い事などに置き換えると分かるように、否定したくなる内容でもその本人がやりたがっている事であれば否定はできません。これは個人の意志だからです。

「恋人に失礼じゃないの?」「それって浮気じゃない?」という意見からセフレの存在を否定している人は大間違いです。セフレ=浮気ではなく、ただのセックスをするためだけの相手です。この定義の行き違いが、”セフレ”という言葉をややこしくしているのです。
参考:浮気とセフレの違いについて

彼氏・彼女とは異なる存在

世間一般の常識ではセフレと彼女(恋人)を持つことは道徳的に否定されています。

  • 彼女が可哀想
  • それって浮気じゃん
  • 身体だけが目当てなの?
  • ただの女好き

こういった意見を言う女性もいますが、全て感情論でしかありませんよね。
このような意見を言う人は(正しいセフレの定義を理解した上で)”なぜセフレがダメなのか”という事を論理的に説明することは出来ないはずです。

上記のような感情論で否定をしてくる人は、基本的にセフレが出来る=浮気という認識をしており、恋人の性欲がどれだけあるのか、性に悩みがないのか、性についてどのように考えているのかという事を考えていません。
重ね重ねいいますが、セフレは彼氏・彼女とは別の枠にいる存在です。
恋人の事をちゃんと愛していて身体だけの関係であれば、浮気に発展することはないでしょう

欲望を表に出さないのが日本人

話は少し変わりますが…。
世界的にも日本人という人種は”建前”で生きていて、本音を言わない人種と言われています。

それは自分の欲求でも同じで、我慢をしたり、あえて言わないことなど自分の意見を言わずにやり過ごす、綺麗事を言う精神が日本人には根付いています。そのため、性欲についてもあまりオープンに話したがらない傾向があります。

本当は彼女以外に女の子とイチャイチャしたり、セックスしたい!と思っていても彼女には「好きだよ」「(彼女)だけで満足している」「彼女が一番」と言う事があります。もちろん恋人に対してそのようなことを言うのは恋愛感情の維持として効果的ですが、それは本音では無いですよね?

男は狩りをしていた時代から、自分の子孫を残すために気に入った女性と複数の関係を持つのが複数です。動物と同じように自分のセックスのしたい相手とは欲望のままにセックスをします。そもそも脳みその作りが一人で満足できるものではないのです。我慢は出来ても、欲望としてはどこかに眠っているものです。

古い恋愛観を美徳とする日本人

もう一つ日本人の悪い癖として、古い恋愛観を美徳とする文化があります。
日本はつい数十年前まで、恋愛結婚ではなく、お見合い結婚の文化が普通でした。
お家柄や、奥ゆかしさなど男は亭主関白で、女は従順に夫に従うという悪しき恋愛観がありました。

現在では恋愛結婚が普通になりましたが、親世代はこの古い恋愛観を残したまま育っています。
また、この古い恋愛観の親のもとで育った子供も同じような感覚を植え付けられていることが多く、日本人は不貞=悪という呪縛にとらわれている部分があります。

しかしもうそれは古い文化です。現在は共働きすることは普通で、ネットから恋愛に発展することもあります。
多様化した現在の恋愛観を否定することから入らずに、まずは許容して受け入れることから始めなければ、凝り固まった古い恋愛観は治らないでしょう。

大人の恋愛は自然の流れで出来る事がある

話を戻しましょう。
セフレという言葉はとても不確実なもので、定義も人によって大きくばらつきがあります。
そのため、片方がセフレ、もう片方が恋人と思ったまま関係がズルズル続いてしまうこともあります。

10代の頃の恋愛などは、恋人を作るのが楽しく恋愛の過程をじっくり楽しむことが多いため、そのような行き違いはほとんどありません。
しかし、大人になってくると仕事の忙しさや会う時間の少なさなどで、だんだんと「今の関係はどうなっているのか」ということを確かめずに肉体関係に発展することがあります。
こうなってしまうととても厄介です。

あなたがセフレを作ろうと思っている場合は、あやふやな関係のままセフレを作るのだけは避けましょう。
お互いに恋人がいても、しっかり「セフレ関係だよね」という共通認識が出来ていれば浮気などを問われることもありません。そこに恋愛感情はないのですから。

誰かしらセフレを作っているのが普通

大人の恋愛の過程では、このように「ちょっといいな」と思った相手とセフレ関係になってしまう事は多いです。
セフレと自覚しておらず、「思い返せばセックスをしていたような…」というようなあやふやな状態のまま関係が終わることもあります。

セフレを作るぞ!と意気込むのも良いのですが、ほとんどのケースはいつの間にか出来ていたというケースがほとんどです。
基本的にはふとしたことがきっかけでセフレが出来るのがほとんどです。セフレが出来るか出来ないかはあなたの行動次第でもあります。
参考:セフレを作るために出会い系をフル活用する方法

セフレにも彼女にもなり得る可愛い女の子たちを探す場合は、出会い系アプリがおすすめです。
国内最大手の出会い系サイト『PCMAX』であれば、即日でも出会えるので、短期間でセフレと彼女探しが出来ます。
真剣寄りの出会いが欲しい場合はYYCがオススメです。登録は無料なのでぜひ使ってみてください。ここで行動出来るあなたはきっと近いうちにセフレが出来ます!